■掲示板に戻る■ 全部 最新50 1-

子ども達が死を選ぶ原因

1 名前:母(T_T):2007/10/26 04:00:00 ID:RiE5W6cZVU
私の娘は、いじめを受けています。
いじめをする子はとても知能犯です。
身体を傷つける訳ではなく、ひどい言葉や態度で集団になりいじめてきます。
そして、弱肉強食で、ターゲットは次々と変わります。
私の娘の親友Mちゃんも、同じようにいじめられています。
先日、娘は「おまえウザイわ。一回、死ね」と大勢ににらまれたそうです。
かなりのショックだったそうです。
学校から帰宅して、娘の様子がおかしいので、聞き出したことです。
「私も、誰の命も、とっても大切なものなのに、どうして死ねと言われなければならないのだろう」
そして、自分の前にいじめられていたMちゃんを思い出したそうです。
「誰かが死ななきゃ、わかってもらえんのかな」
「でも、Mちゃんが死ぬのはイヤ。私しかいないのかな」
と、漠然と思ったら、教室にいてもたってもいられなかったそうです。
それを、聞いた母の気持ち・・・わかりますか?
苦しくて、娘の代わりに自分が死にたい気持ちでした。
あなたの命はあなただけのものではないこと、
たとえあなたが死んでも、「あいつ死にやがった。シャレにもならねぇ」くらいにしかわかってもらえないこと、
泣きながら娘と話し合いました。
娘が言うには、
「今の状態が悲しいだけで、死を怖いと思えなかった」
そうです。
いじめや暴力は恐ろしいです。
こんな中1の娘の命に対する感覚までも狂わせてしまうのですから。
今までも、いじめを苦に自殺した子ども達はいく人もいました。
その子達も、ただボンヤリ死を選んでしまったのかもしれません。


5 名前:母(T_T):2007/10/30 02:24:00 ID:mICwAZkKYM
皆さま、レスをありがとうございます。
皆さまのお言葉は、とても励みになります。
いじめられている子どもの心は、被虐待児とよく似た心境になります。
いじめられている場所から逃げることもできなくなり、
無力感に苛まれ、深く考えずに「死」を誤って選びそうになるようです。
今、私と娘は闘っております。まずは学校での闘いです。
娘の場合は、学校の先生にMちゃんの事をSOSしていたそうですが、
そのSOSをいじめっこ達にうっかりと先生は見せてしまっていたそうです。
そのため、娘にターゲットが移ったようです。
「でも、死ななかったんだから、良かったじゃあないですか」
・・・だそうです。
私たちとしては、少しも良かった出来事ではありません。
いじめっこ達に、「この子はこんなに苦しんでいるんだ」と示したところで、
何とも思わずに、先生にチクッたことで、よけい苦しむ羽目になった娘。
何とも思わないいじめっこの子ども達も異常ですが、
変な対処と学校の言い訳も異常だと思います。
こんな学校、転校してしまえばいいのに。とすら思ってしまいます。
でも、娘は「転校しても、いじめはやまない。きっとMちゃんが死ぬまでやるような気がするから、逃げることはできない」と言います。
なんだか極端すぎるような思考にもとれますが、いじめに怯えるとこんなふうに思い込んでしまうのかもしれません。
毎日のように、学校と話し合っています。
わかってくれない・・・というより、わかろうとしない先生と少しも目を離せない状態の娘。
こんな深夜にしか、レスができませんが、
絶対に負けたくありません。娘もMちゃんも・・・誰もいじめられないクラスが実現できるまで。
長丁場になってもがんばり続けます。
みなさま、これからもご支援をよろしくお願いします。


9.72 KBytes   いじめ防止ネットワーク いじめ防止ネットワーク
続きを読む

掲示板に戻る 前100 次100 全部 最新50
名前: E-mail(省略可):

(C) read.cgi (Perl) ver4.1 http://www.ijimesos.org/(06/12/10)